平成14年3月

01日【雑記】 さらばヤフオク
02日【雑記】 ぱそこんが とんだの
03日【スロ】 コンチ哀愁2
04日【雑記】 勇気(2002.03.04)
06日【雑記】 台風一過
07日【スロ】 たこたこあがれ
18日【スロ】 たこたこさがれ
19日【雑記】 傾向と対策
20日【スロ】 【大タコ】嬉しいとき・悲しいとき
21日【スロ】 大タコ哀愁
23日【雑記】 ボクのパパン
25日【スロ】 我ら三銃士2
26日【雑記】 販売拒否されました
27日【スロ】 ウソつき
28日【スロ】 厄日

平成14年3月1日(金) さらばヤフオク

 ヤフオク。言わずと知れた「Yahoo!オークション」のコトです。
 日本の市場では最大規模のネットオークションで、その出品・落札数は他の追随を許しません。レアものを探すにしろ、不要なものを出品するにしろ、大変重宝いたしました。

 そして、私は本日、そのヤフオクのIDを停止いたしました…。



 ネットオークションの黎明期、大手と呼ばれるどのオークションサイトも、サービスは有料or制限付きでした。

 当時、私は「MyTrade」という今は無きネットオークションを利用していたのですが、そのシステムは出品・落札のたびに一定額(100円だったかな?)を課金するというシステムでした。システム自体がいい加減だったのか、一度も参加費を取られたことが無かったのは秘密ですが何か?

 そんな中、「すべて無料」を歌って華々しくデビューしたのがこの「Yahoo!オークション」。
 「あのYahoo!が運営しており、しかも無料!?」その好条件に、幾人ものオークション参加者がヤフオクに流れていきました。私もその一人です。
 で、参加者激減で収入の無くなった「MyTrade」はあっさり消滅。最後にいろいろとサービス改善を行ってらっしゃいましたが、いかんせん手遅れでした。合掌あ、決めゼリフ使っちゃった。


 とにもかくにも、「無料」をうたい、参加者を鬼のように集めたヤフオクは一躍業界のトップへ。参加者が参加者を呼び、その規模は大きくなる一方でした。

 そのため、その弊害ともいうべきトラブルが多発。
 ・落札者の気軽なキャンセル
 ・値引き交渉
 ・ジャンク品に対するクレーム
 ・商品価値のないものを出品した詐欺まがい行為
 ・ダミーIDによるイタズラ出品・イタズラ落札
 ・他人のIDのクラック(って呼べるほどのシロモノじゃないですが…されるようなPASSつける方も悪いし)
 など、今までのオークションでは考えられない常識はずれな行為が、オークション経験のない一般参加者の流入により歯止めがかからなくなってきました。
 Yahoo!側の対応はというと、「基本的に自己責任」の一点張り。たとえそのトラブルが完全に犯罪行為に該当していようとも、犯人の個人情報を公開することや警察に通報することもありませんでした。
 「YAMATO12345」事件などは、詐欺出品にだまされた落札者が、出品者の「YAMATO12345」なる人物の居所を自力で突き止め、北海道まで追いつめて警察に突き出すという、テレビでも放映されるほどの大事件でした。しかしこのときもYahoo!は動かず。ただ静観するのみでした。

 それでも、ヤフオクは肥大し続けました。無料だったから。そして便利だったから。

 参加者増大によりサーバーの付加が限界を超え、特にテレホタイム(PM11:00~)は人が集中するために、ダイヤルアップ接続でのその重さは常軌を逸していました。
 オークションサイトなのに入札できない、オークションが終わったのに落札通知が来ない、サーバーエラーが多発する…

 それでも、ヤフオクは肥大し続けました。無料だったから。そして便利だったから。

 「無料で提供していただいてる場を使用させていただいている」わけですので、やはり基本的には自己責任という認識が参加者側にもあったのだと思います。


 しばらくして、Yahoo!は「完全無料」では無くなりました。

 Yahoo!IDは、メールアドレスさえあれば、誰でも、何個でも取得できてしまうというシステムでした。そのためイタズラや詐欺行為が多発。
 防止策としてフリーのメアドではID取得ができなくなりましたが、それでもYahoo!が全世界のフリーメールをすべて網羅できるはずもなく、抜け穴はボコボコに空いておりました。

 そして、「その完全対策」という名目で登場したのが、悪名高き「本人認証システム」。指定銀行口座orクレジットカード番号を入力しないとIDが有効にならないというシステムです。
 確かに、基本的にそのシステムなら偽装IDは取得されにくいでしょう。裏口座持っている人なんてイレギュラーでしょうし。しかし、IDをクラックされた場合の対応策など、これも穴だらけのシステムではありました。
 そして、この悪名を高めたのが「認証のために費用を徴収します」とYahoo!が公言したこと。ユーザーの認証を続けるために、毎月280円(消費税別)を徴収されなければならないらしいです。

 …認証なんて、1回やればOKでしょ?

 なんで毎月取られなければならないのでしょうか?Yahoo!掲示板の方でもかなり論議を呼びましたが、Yahoo!側がこの方針を変えることはありませんでした。
 というか、正直に「運営に必要なので参加料金を徴収いたします」って言えば、ここまで反発は買わなかったと思うのですが…。

 しかし、いちおう抜け道も用意され(指定銀行に口座を作れば1年間参加費を徴収しない)、無料で参加はできるようになりました。


 そして、今回…

 先日、「イーベイ」というネットオークションサイトが撤退いたしました。正直、ヤフオクのシェアが原因と思われますが、コレを待っていたかのように、ヤフオクは「完全有料化」の方針を打ち出しました。
 今度は「本人認証」のような言い訳は無し。そのままストレートに「出品・落札のたびに課金します」と明言されています。
 しかも課金額が、落札金額の3%など。

 …あきれました。

 競合相手がいなくなったら、手のひらを返したようにカネを摂取しはじめました。企業は営利団体ですので利益を出すことが大前提ではありますが、いままで利用していた利用者の意見をすべて踏みにじり、シェアに任せた横暴に他なりません。



 そして、私は本日、そのヤフオクのIDを停止いたしました…。



 もうヤフオクに戻ることはないでしょう。

 利益を出すなら、そのシェアを利用すればもっとうまい方法もあったでしょうに。
 振り込みを指定銀行のみにするとか、商品の受け渡しを指定業者のみにするとかして、そこからマージンをもらうとか…。それにより、振り込み手数料や送料が安くなり、なおかつ手続きも簡略化されれば、参加者サービスとしても非常に立派だったと思います。


 まぁ今回の方針が発表された時点で、もうどうでもいいことではありますが。
 最後に、老婆心ではありますが、せめて「参加者の気持ち」を考えて行動しないと、本業も危うくなるのではないでしょうか?>孫さん。合掌。


平成14年3月2日(土) ぱそこんが とんだの

 あのね。

 ぱそこんが とんだの。

 めいんましんじゃなかったから まだよかったけど。

 ぷろみす ってかいしゃの えーてぃーえー100かーどを つけたら いままで つけていた ぼーどが なにやっても にんしきできなくなったの。

 …きゃぷちゃ せんようき だったの。

 いま きゃぷちゃ できないの。

 ちぬの せいかつじょうで いちばん だいじなぶぶんなの。

 さいゆうせんでの ふっきゅうじこうなの。

 てづまり なので いま おーえす さいいんすとーるちゅう なの。

 …はーどでぃすく ごうけい 80ぎがばいと…。

 ふぉーまっとだけでも うんざりなの…。

 …合掌。


平成14年3月3日(日) コンチ哀愁2

「おや、どうしたのですか?そのように覇気のない顔をして」
「あら、どうされたのです?そんなに覇気のない顔をされて」

「(ゲッ今日は二人ともいやがる…)神父様、シスター、私は何という大罪を犯してしまったのでしょうか。是非とも懺悔させていただきたいのです」

「そうですか…でもよかったですね、本日は神父様がいらっしゃって
「言葉にすれば心のつかえも取れるかもしれません。さぁ、神の前で懺悔なさい」


「はい。…私は…私は本日パチスロで…コンチ4Xをチョイスしました。そこで…ああっ!私には言うことが出来ませんっ!」

…負けたのですか?

「…いえ、1万2500円のプラスでした」

「ふぅむ…ではいったいなぜ、そのように落ち込んでいるのですか?」
「おっしゃった方が、気が楽になりますよ?さぁ…」

「…分かりました。お話しいたします…実は…私は…」


「って、どうせせっかく出たナビを無視してしまったのでしょう?

「えっ!?…ど、どうしてご存じなのですか?」

「勝ったには勝ったけれども、せっかく機械が示してくれた“そろえるべきボーナス図柄のナビゲーション”を無視して、適当打ちしてしまわれたのですね?しかも2回も。2回分、金額にして5000円分を無駄にしてしまったと。本来ならば1万7500円のプラスだったと」

「な、なぜそこまで詳しくご存じなのですかっ!?」

「……」

「…神父様?シスター?」

「……プッ」

「…プ?」

ッッップギャハハハハァッゲホゲホやっぱバカじゃねぇのオメェ!?

「……ァ゛?」

「ヒーッ!く、くるしーっ!やっぱ前と同じ失敗やらかしちまったんだア~ッハッハッハッ!真性アホなら同じ過ち犯してる”なんてサルでもわかるってーのっ!それどころか、い、いまどきサルでもそんな同じ大失敗なんぞやんねーよっ!オメェ本っクソッタレだろ?テメーみてーなウジ虫はとっととおウチ帰ってママンのおっぱいでもしゃぶってろバ~カっ!!!!」

「て、てめぇ…黙って聞い…」

「神父様っ!なんてヒドいことをおっしゃるのですかっ!」

「シ、シスター?」

「傷ついていらっしゃる方になんと…なんとヒドいことを…」

「シスター…」

「どんなにこの方が人生踏み外していらっしゃろうとも、言っていいことと悪いことがありますよ」

「……ァ゛?」

「で、でもよぉ、コイツサル以下だぜサル以下!バカの極みだっつーのア~ッハッハッハ…」
「確かにサル以下どころかナメクジ以下の常識しか持ってらっしゃらない、救いようのない方ですが、これから鉄格子付きの病室ぐらいしか行き場のない病んだこの方に対してあまりにも正直なのではないですか?」

ッッッッッテメェラッ!たかがオレの脳内キャラクターの分際で何フォローもできない暴言吐きまくってンだゴルァアァッ!?

「!!!?ッ」

「てぇーめぇーえぇーっ!そんだけ好き勝手タレやがって、どうなるかわかってンだろうなあぁぁっ!!!?

「……ひ…ひどい…ウゥッ…

あーやってこーやって…って…アレ?」

あ~~~~~んっ!!!ヒドイよヒドイよぉーっ!アタシだって、アタシだって一生懸命心配して、心配して言ったのにぃぃぃっ!!!あ~んあ~んっ」

「あ…い…いや…そ…そんなつもりじゃ…」

「あ~あ、♪泣ぁ~かした~泣ぁかした~…

テメェは黙ってろっ!!!



 …も、いいですか?パチスロやめていいですか?つか、人生やめていいですか?合掌。


平成14年3月4日(月) 勇気(2002.03.04)

 今日の勇気。

 本日が納期のプログラムを午前中にやり始めて、当然完成しなかったにもかかわらず客先を訪問し、“納品した”と言い切った後に客先で開発する勇気

 客先のサーバー機がフリーズしたときに、何しても動かなかったのでサーバー機の電源を直接切る勇気

 5000円しか持っていない状態で天下のヤクザパチスロ台「ガメラ」を打ちに行き、ホントに5000円でやめる勇気
 だってホントに無かったんだモン…ウグッ…エグゥッ…合掌。



平成14年3月6日(水) 台風一過

 臨時情報をお伝えいたします。
 本日夕刻、このサイトに超大型台風「ちゆ」が上陸いたしました


 http://tiyu.to/cgi-bin/bbs/bbs.cgi 347 89.0%
 http://home.att.ne.jp/aqua/delta/ 6 1.5%
 http://home.att.ne.jp/aqua/delta/tinumain.htm 6 1.5%
 http://tiyu.to/title.html 5 1.3%
 ・
 ・
 ・
  不明 117

 勢力は13万HIT/日、「ちゆ板」付近のの最大風速はスレの過去ログ行きまで12時間/平日日中と、名実ともに日本有数のBIGサイトとなられた本家「ちゆ12歳」様ですが、その掲示板に弊サイトのリンクが貼られてしまいました
 掲示板に貼られただけでこの威力!「悪戯怪物」の単チェリーなみの破壊力です。また一般人には分からないネタを…

 このサイトのアクセス数は通常40HIT/日。ちゆ様から比べれば毎日が台風の目みたいなモンです。ここ最近いろいろなサイトにリンクを張っていただき、もうちょっと伸びた感もありますが、それもおそらく一過性のものでしょう。
 つか、サイトの趣旨が「パチスロ」と「PC」と「雑記」って統一性のない駄文垂れ流しなので、この趣旨におつきあいいただけるお客様ってかなり稀少ですし。アクセス数もこんなトコが妥当なんじゃないでしょうか。


 それが本日…

 私、自分のサイトは日中でも(会社から)ちょこちょこのぞいているのですがよい子はマネしちゃダメだぞっ!、PM4:30くらいだったでしょうか、アクセス解析画面のブラウザの更新ボタンを押すと…
 「……ななななにぃぃぃっ!!!!!?」
 アクセス数合計の欄に、(いつもなら「30アクセス」ってくらいのモンなのに)なんと109アクセス」って数が表示されていたのですっ!

 どーした何があった何が起こった何かやらかしちゃいましたぁぁっ!?ドキドキテロか?サイバーテロなのか?件名に「Re:」しかない添付ファイルなのかぁぁっ!?(違

 で、リンク先を見たところ、何だが棒グラフ独占しちゃってる↑のような図が…。


 とたんに脱帽です。


 取り急ぎ「ちゆ板」に行ってみると、そこのカキコに「魚?」ってタイトルのスレがありまして。「魚ってどうなの?」って書き込みとともに、ウチへのリンクが貼られておりました。



 それにしても効果てき面。普段なら「件数」欄には1桁の数字しか並ばない時間別アクセス数推移のグラフも、↓のようになってしまいました…。

時間帯 件数   グラフ
  0 2 0.4%
  1 1 0.2%
  2 2 0.4%
  3 2 0.4%
  4 0 0.0%
  5 0 0.0%
  6 1 0.2%
  7 0 0.0%
  8 2 0.4%
  9 0 0.0%
  10 2 0.4%
  11 0 0.0%
  12 5 1.0%
  13 3 0.6%
  14 3 0.6%
  15 1 0.2%
  16 99 19.5%
  17 108 21.3%
  18 65 12.8%
  19 42 8.3%
  20 57 11.2%
  21 54 10.7%
  22 38 7.5%
  23 20 3.9%

 まさに「ちゆ効果」
 まぁどうせ“掲示板にあったからちょっとのぞいただけ”ってヒトが大半でしょうから、この上ない一過性の最大瞬間風速でしょうけどね。

アクセス回数 件数   グラフ
  1回 467 92.1%
  2回 16 3.2%
  3回 3 0.6%
  4回 1 0.2%
  5回以上 20 3.9%
 ↑証拠のアクセス回数表。ほとんどのヒトが1回だけ…。


 なんにせよ、少しでものぞいていただきました皆さん、誠ににありがとうございます。
 また何か縁がありましたらおいで下さいませ。



 しかし…

 そのスレへのレスが1件ついておりまして、その内容が、

 足太!
 しかもおもしろくない

 …ママンに言いつけてやる…。合掌。


もっと精進させていただきますぅ…


平成14年3月7日(木) たこたこあがれ

 えっと…どうしようかなぁ?
 う~ん、そうだなぁ…ま、いいか。
 うん、いいよ。OKだよ。


 …オレを「神」と呼ぶことを許可してやるぞ愚民ども!
 ア~ッハッハッハッ、「大タコスロ2」絶好調!


 「P駅」ってパチ屋で3回打って3回とも大勝。特に今日なんかプラス4万5000円ですわヨンマンゴセンエンッ!

 座って5000円でレギュラーボーナス。しかぁしっ!「チッ、レギュラーかよ」と思う間もなくいきなりの大連チャン開始っ!
 そこからはもう止まらない止まらない、何連チャンしたかも忘れるほどの引きで、気づけば2箱、6300枚もコインを出しておりました。いや~やっぱこの台、出玉がデカいわ。ホンット気分がいいやねア~ッハッハッハ。

 いくら交換率低い「P駅」とはいえ、こんなに出し続けたらマズいんじゃないの?ま、オレに出す分には許可してやるけどなア~ッハッハッハ

 必要ならこの私の、「神」の爪のあかを煎じたものを10万円で販売してやるから欲しかったらひざまずいてオレをあがめろ愚民どもっ!ウッキャキャキャキャァッ!!


 …と、天狗になっている私も勝ち金をアットローン借金返済に回してしまえばただの庶民かかかカンベンしてくだせぇダンナ~。あんなこと言ったのもお上が悪いンでさぁ。あっしにはぁ、あっしにはなんの悪気も無かったんでヤンスよ~。
 いやぁ、キレーに無くなるモンですなぁハッハッハッ…ウグッ…エグゥッ……10万円払いますからどなたか爪のあか飲ませてくださいぃ…。

 卑屈な自分がちょっとかわいい(はぁと。合掌。


平成14年3月18日(月) たこたこさがれ

 私事で帰省しており、しばらく更新ができませんでした。
 もーちっとバタバタしますが、なんとかがんばりますぅっ。



 さて、再開一発目の話題がまた負け日記ってのは心の底から申し訳ないんですが…
 ア~ッハッハッハッ、「大タコスロ2」絶不調!
 前回に味を占めて、チョーシこいて帰省中にも「大タコスロ2」打ってたんですが…問答無用に大負けですっ!


 1日目:2000円でBIGをゲットし、そのまま3連チャン。「え~コレってイケてな~い?」と思うも、現実に戻ればすべて飲まれてひとりぼっち…追加2000円にて己の運を悟り終了。収支:マイナス4000円なり。

 2日目:2万円突っ込んで終わり。ボーナス1回も引けず。しかも30分もたず。ウンザリ。収支マイナス2万円。言わなくてもわかンだろっ!?

 と、地元での収支赤更新を続ける結果となってしまいました。
 …どーにも私は地元に嫌われているみたいですぅ…。


 では。これから東京でのリハビリに専念してきます。「だからやめろって」ってツッコミ募集中。合掌。



平成14年3月19日(火) 傾向と対策

 今日はいつもとチョット違う話題を。



 見ず知らずの他人が集まって何かをしようとした場合には、いったいどのようなことが起こりうるのでしょうか?
 たとえば、他人との関係すらバーチャル(仮想的)になってしまいがちな“インターネット”での場合。

 例に出すのは恐縮ですが、「2ch」という巨大なコミュニティーがあります。そこを見れば一目瞭然。罵倒、煽りなど、一般社会ではできないようなことが平気で行われています。現実社会では、初対面の方にこのような対応は絶対にしないでしょう。
 理由は簡単、何をしても相手に殴られることがないからです。自分に返ってくるリスクが限りなく0に近いため、何をやってもOKという誤った判断ができてしまうのでしょうか。
 さらに、「2ch」という、ある意味巨大なコミュニティーに参加しているという(勝手な)自負から、外部に対してはその態度が大きくなってしまう傾向もあると思います。虎の威を借るナントカではありませんが、その組織に属しているという思いは、あながち人間に「責任感とも呼べる勘違い」を植え付けるのかも知れません。

 もちろん、礼儀をわきまえた方が大半であるのは言うまでもありません。玉石混合、様々なヒトが集まってのコミュニティーですので、よい面もあれば悪い面もあるのが当たり前です。
 ようはその人自身。自分を持っている方は、実社会だろうとネットだろうと、ヒトに対してきちんとした対応がとれるのではないでしょうか?


 さて、コミュニティーに参加している者が、そのコミュニティーの名前で何らかの行動をする場合、どうするべきなのでしょうか。

 「ホウレンソウ」という言葉があります。曰く「報告・連絡・相談」。コミュニティーを維持する上で、最低限しなくてはならない、いわば常識です。
 緊急時ならいざ知らず、この課程を踏まずにコミュニティーの名を借りて勝手な行動を取ることを「暴走」と呼びます。そしてそれは、コミュニティー全体をおとしめる結果を招きかねません。
 成長途中のコミュニティーは、参加者の間で「責任感とも呼べる勘違い」を誘発してしまいやすいのではないでしょうか。誤った責任感に後押しされた場合、暴走してしまう傾向にあります。

 人間ですから、誰でも間違いはあります。ただし、「ウソ」や「なすりつけ」は論外です。自分の行動が間違いだったことに気づいた時点ですぐさま謝罪し、何らかのアクションを起こすべきです。
 所詮、ごまかしはごまかし。当座はしのげても、その後の言動につじつまが合わなくなり、ばれるのは時間の問題なのですから。


 本当の意味で反省するのなら、「自分のしたこと」を「他人にされたこと」に置き換えてみてください。自分の書いた文面を「何も事情を知らない自分に対して他人が書いたもの」として読み直してください。そして、コミュニティーのために努力を重ねてきた方々がどんな気分でいるかを思い直してください。


 今回の日記の内容をどの事柄に当てはめられるのも、閲覧者の皆さんのご自由です。合掌。


平成14年3月20日(水) 【大タコ】嬉しいとき・悲しいとき

嬉しいとき~っ!(嬉しいとき~っ!)
 AT(コインがいっぱいいっぱい出るモード)を最高回数の6連チャンかましたとき~っ!

悲しいとき~っ!(悲しいとき~っ!)
 なのにボーナス1回もからまなかったとき~っ!



嬉しいとき~っ!(嬉しいとき~っ!)
 BIGゲーム中にスイカ図柄を引けたとき~っ!

悲しいとき~っ!(悲しいとき~っ!)
 そんな極プレミアも、コインに換算すれば結局15枚だったことに気づいたとき~っ!



嬉しいとき~っ!(嬉しいとき~っ!)
 どハマリくらったけれども、ガンバってガンバってガンバってガンバってなんとか盛り返したとき~っ!

悲しいとき~っ!(悲しいとき~っ!)
 でも結局負けだったとき~っ!…ウグッ…エグゥッ…



 全て実話ですぅ…合掌。


平成14年3月21日(木) 大タコ哀愁

「おや、どうしたのですか?そのように覇気のない顔をして」
「あら、どうされたのです?そんなに覇気のない顔をされて」

「(…また2人かよ…)神父様、シスター、私は何という大罪を犯してしまったのでしょうか。是非とも懺悔させていただきたいのです」

「まぁ、今度はどうされたのですか?」
「言葉にすれば心のつかえも取れるかもしれません。さぁ、神の前で懺悔なさい」

「はい。…私は…私は最近「大タコスロ」というパチスロを打っているのですが…ああっ!私には言うことが出来ませんっ!」

…ボコボコに負けているのですか?

「…いえ、ほとんど勝っております先日負けを喫しましたが、本日取り返すことに成功いたしましたし…」

「では…いつものように“ナビを無視する”という暴挙を犯してしまったとか?」

…『いつものように』の部分にそこはかとない怒りを禁じ得ませんが、今回はそうではないのです」

「ふぅむ…ではいったいなぜ、そのように落ち込んでいるのですか?」
「おっしゃった方が、気が楽になりますよ?さぁ…」

「…分かりました。お話しいたします…」


 今回は、“パチスロ台の打ち間違い”といった懺悔ではありません。
 前述の通り、私は最近「大タコスロ2」という台を気に入って打っているのですが、チョイスする席をことごとく失敗しているのです。

 前回もそうです。
 確かに最終的には「5000円で最初のボーナスを引いてそのまま4万円の勝ち」という、前代未聞、恐悦至極、風光明媚、四捨五入な結果だったのですが…もし私が最初に選んだ席のままで打っていたら、「1000円で最初のボーナスを引いてそのまま5万円以上の勝ち」だったのです
(そこに座ったニーチャンの結果ですぅ…)
 席の前に立って、背もたれにコート掛けて、いったん座ってまでいたのに…ちょっとした気の迷いで、1回も回さずに別の台へ移動してしまって…そのせいで…ゥゥ…。

 そして今回。
 同じです。座ろうとした席を「やっぱりコッチの方が…」って気の迷いで移ってしまって…。
 移った先で8000円かけて引いたBIGでしたが、そこからは「全部返してチョット追加してボーナス引いて全部返してチョット追加してボーナス引いて…」を繰り返して…。
 やっとバクハツし始めたなってときに、店員が設定公開し始めて、私の台は「3or5」って“チョイ当たり気味”な台で、ウヒヒヒヒッって内心ほくそ笑んで…。でも実は、最初に座ろうとした台は「5or6」って“最強クラス大当たり”であることが発覚して…。
 ついさっきそこに座ったニーチャンは、当然の如くすでに1箱カチ盛りで…。トイレ行っているスキに横からくすねてやろうとかマジ思ったのはキミとボクとの秘密で…。


「せっかく目の前に落ちていた“ダイヤの原石”を、みすみす捨ててしまったのですっ!ああっ私は何という罪を犯してしまったんだろうっ!なんと…なんという…」

「あいていた…高設定台を…わざわざ捨ててしまわれたのですか…?」

「そうですっ!そうなんですっ!!…神父様、シスター…私は…私はいったいどうすれば…」

「……」

「…神父様?シスター?」

「……プッ」

「…プ?」

ッッップギャハハハハァッへーっきゅしょんっんっとにどーしょーもねーなーオメェはよぉっ!?

「……ァ゛?」

「ヒーッヒッヒッヒ!せっかくの運気を自分で腐らせてやンのっ!オメェ本っはんかくせぇなぁ?テメーみてーなクソヘタレは糞便垂れ流しながら部屋の隅にうずくまってろバ~カっ!!!!」

「て、てめぇ…黙って聞い…」

「神父様っ!なんてヒドいことをおっしゃるのですかっ!」

「シ、シスター?」

「傷ついていらっしゃる方になんと…なんとヒドいことを…」

「シスター…」

「どんなにこの方が人生ハズレくじでも、言っていいことと悪いことがありますよ」

「……ァ゛?」

「で、でもよぉ、コイツ貧乏神だぜ貧乏神!ビンボーが感染るっつーのア~ッハッハッハ…」
「確かにふるいにかければ幸運だけがこぼれ落ちていくようなザル状態の運気しか持ってらっしゃらない、小役も幸運も取りこぼしている方ですが、これから段ボール製の個室ぐらいしか行き場のない終わったこの方に対してあまりにも歯に衣を着せていないのではないですか?」

ッッッッッテメェラッ!たかがオレの脳内キャラクターの分際で何ご主人様も気にしているデリケートな部分に触れてンだゴルァアァッ!?

「!!!?ッ」

「てぇーめぇーえぇーっ!そんだけ好き勝手タレやがって、どうなるかわかってンだろうなあぁぁっ!!!?

「……ひ…ひどい…ウゥッ…

あーやってこーやって…って…アレ?」

あ~~~~~んっ!!!ヒドイよヒドイよぉーっ!アタシだって、アタシだって一生懸命心配して、心配して言ったのにぃぃぃっ!!!あ~んあ~んっ」

「あ…い…いや…そ…そんなつもりじゃ…」

♪ネタ~の~ためな~ら~キャラでも泣かす~…

テメェは黙ってろっ!!!



 …今後は初志貫徹、座った台で最後まで打ちますぅ…でもそれで毎回負けてるって事実も…どうしよ?合掌。


平成14年3月23日(土) ボクのパパン

 ボクのパパンは機械が苦手、いまだにFAX送れない。
 ボクのパパンは機械が苦手、いまだにレンジが使えない。

 そんなパパンが今日使うのは、買ったばかりの洗濯機。
 最新式の全自動だよ、押すべきボタンもたった2個。
 「電源」「スタート」この2つ。
 これならダイジョブ、もう大丈夫。


 でも…


 パパンがボクを呼んでるよ。
 洗濯場から呼んでるよ。

 「オイ、全自動なのに洗えないぞ」

 どしたのパパン?どしたのパパン?
 いったい何が…?あっ!?


 パパン…
 いくら全自動っつっても、洗濯物を入れないと洗ってくれないよ…


 これ、実話なんだわ。はぁ…合掌。



平成14年3月25日(月) 我ら三銃士2

 集えよ 我ら三銃士
 幾多の苦難を乗り越えて
 目指すは遙か黄金郷
 進めよ 我ら三銃士っ!

 いえ、何のことはない、友人3人でパチスロ行ってきただけなんですけどね…。



 というわけで、弊社給料日でもあった偉大なる本日、「借金返済」の声も高らかに無視しながらパチスロ遠征に逝って参りました。クズとか言うな。
 実は前回の三銃士とはメンツが1人入れ替わってます。…あ、あらかじめ言っておきますが、その件についてわざわざボクたちを「モー娘。」とか呼ばないように。つかそれ以前に“もーむす”でノーマルに変換できるAtok15に乾杯
 …閑話休題…
 その新メンバー新人とは、パチスロ素人の後輩クン。最近やり始めたばかりで、パチスロの生涯収支がまだ計算できるくらいの超ミルクボーイです。このサイトを閲覧しているくせに、このオレのこーのーオーレーのー前で「まだ収支がプラスになりませんよぉ」とかヌカしやがる以外は気のいいやつです。悪気が無い分、タチが悪いです。


 さて、本日の舞台は上野の「ぱさげ2K」というパチ屋。聖母の優しさユダの裏切りを併せ持った、比較的良心的な地獄の1丁目です。

 今回は特に打つ台は決めておりませんでしたので、いい台を探して各人が店を徘徊しておりました。
 「大タコスロ2」や、懐かしの「汁王」なども見ましたが、どうもいまいちピンと来ない。そんな中、私が立ち止まったのは“パチスロ界のオールorナッシング”ことコンチ4Xという台の前でした。

 コンチかぁ…。まぁ私とは相性がいいので、つまみがてら、ちょっと打ってみることにしたのですが…
 ふと後ろを見ると、不安げな後輩クンが。どうやらまだパチスロ歴が浅いので、誰かのとなりで打ちたかったようです。
 「…これ打つの?」「…はい」
 まかりなりにも私は先輩。何も知らない後輩クンにこんなヤクザ台を打たせて良いものか?悩みました。悩みました。そしてさんざん悩んだあげく…
 …世間の厳しさを知るのも勉強だし、な…ニヤリ
 私の中の悪魔が目を覚ましました…。

 まぁ私もチョイ打ちしたら即座に撤退するつもりだったので、そんなに損はしないかな、と。何はともあれ、二人で並んで打ち始めたわけですよ。
 「いくらか突っ込んでこの台の恐ろしさが分かれば、ソレはソレで良しか」そう思いながらの30秒後ぐらいだったでしょうか、ふと後輩クンの台を見ると…


 コイツ、投資1000円でRUSH引いてやがりました…。


 ええっ!?ウソッ!なんでぇぇっ!!!ヤクソクが違うじゃん<誰との?
 ビギナーズラックってヤツですか?なんだかよく分かりませんが、この方に、ビカビカ光る台の前で訳も分からずポカンとしてらっしゃるこの方に、コンチのスーパーラッシュ様がご降臨されてしまったのです!

 この時から嫌なステキな予感がしていたんですよね…。

 結局カレ、最初の投資額1000円のままで、1箱たたき出しちゃいました…
 ラッシュも合計3回。2回目のラッシュは、5連のうちの1回が100というセットを引きくさりやがってまして…。
 ボーナスも、BIG・レギュラーともに…いや、もうやめましょう…はぁ…。

 私も何とかガンバったのですが、結局1回もラッシュ入らず。3回引いた自力レギュラーからも、10回近く引いたBIGからも、ただの1回すらも入ることはありませんでした…。確かにBIGは結構来てくれて、何とかカレ並みに出すことはできたのですが…。寂しい…。


 そんなこんなで、最終収支。

 私:最終的な追い上げにも助けられて、収支+2万2500円。
 後輩君:終始プラスでそつなく終了。+2万2000円。
 最後の三銃士:…触れないであげてください。

 わずか500円ではありますが、私の勝ち。私の勝ち。私の勝ち。私の勝ちぃぃっ何とか先輩の面目を保つことができましたぁぁ…。
 ってンな小さなこと言ってるから成長しねーんだよってツッコミは後で聞く方針で。皆様、お疲れ様でした。



 ところで、今回加入したのが年下の後輩クンだったというこの事実、実は私にとって大きな問題でした。
 いや、確かに仲間が増えるのは大歓迎なのですが、今回私が考えていたネタが使えなくなってしまったのです。
 …そう、年齢34歳の方に参加していただいて「集えよ我ら三十四(さんじゅうし)」ってクソみたいなネタを使おうかとアッハッハうわぁぁぁっ!!どーしよーっ!!!オチないじゃんっ!

 いいよいいよ、この姿の時の肉体年齢はあと2年で34歳だよっ!オレだけで三銃士やってやるよそれでオチつけてやるよウワァァァァンッ!!!!
 集えよっもうすぐ三十四っ!!!!合掌。


平成14年3月26日(火) 販売拒否されました

 私、日本酒が大好きです。

 本日、日本酒を買いにJR王子駅の近くにある地酒屋に行ったんですが、「買ってもらわなくていい」って言われちゃいました


 いえ、特に暴れたりしてた訳じゃなくて、どうやら私と友人が「好きな酒、嫌いな酒」を銘柄見ながら論議していたのが気に触ったらしいです。

 私の知る限り、お気に入り銘柄の一つ「ISO自慢(仮名)」って酒が置いてある唯一の店でして。
 実はソレを買いに行ったのですが、目的の「吟醸生原酒」ってグレードは売り切れ。「本醸造」しか残っておりませんでした。「本醸造」ってグレードはアル添(アルコール添付:醸造アルコールを加えてあって、スッキリ感のある酒のこと)で、私はアル添が好きではないのでこれを無視したわけです。(コレが後でもめる原因になったようです)
 で、他にどんな酒があるのかなと見回っていたのですが…。
 とある初見銘柄の酒の前で、一緒に行った友人と「どんな味わいなのかねぇ?」「日本酒度が+4だから、辛口系?」とか話していたときでした。その店のオヤジが話に入り込んできたのです。

 「最近の主流は甘めの酒を造ることだから、日本酒度は目当てにならない」とか、「その酒は熊本9号酵母は使ってないから、本来の深い味わいは味わえない」だとか。まぁ酒好きならするような、一般的な会話です。
 そんな「ふ~ん」な会話が続いた後で、「じゃぁオススメの酒は何ですか?」ってきいてみたわけですよ。

 そしたらいきなり、「好みは人それぞれ違うから分からない」って言われまして。

 この時点で「ん?」って思ったんですが、そこからオヤジの話はエスカレート。
 「さっきから話を聞いていると、ISO自慢(仮名)が好みなんでしょ?アレは酸度が普通の酒より低いから味わいが足りないの」
 「ISO自慢(仮名)好きな人には、私の勧められる酒はありません」
 「ISO自慢(仮名)も、何とか頼んでウチに3ケースだけ入れてもらってるの。他の商品だって苦労して入手してるの」

 はぁ…そうスか…。
 で、トドメに、「ISO自慢(仮名)は黙って置いていても売れる酒だから、買ってもらわなくてもいいです」

 はい、カルシウム足りなくて申し訳ありませんがブチ切れました。

 あのなぁ、銘柄見りゃどんだけ苦労して入手してる酒かぐらいわかるよ。そんな貴重な酒があるからこそ、わざわざ王子まで金と時間をかけて来てんだよ。
 でも何?オレが嫌いな酒を「キライ」って言っちゃいけないの?好みじゃない酒を飲んでも褒め称えなければならないの?買わせてもらったあなた様のお店の前で常にほほえんでなければならないの?
 店の苦労をないがしろにした覚えはないよ。買わせてもらうときは常に感謝してるし、集めた店を心から尊敬してる。精算が終わった後に、店のヒトに「楽しませてもらいます」って言わなかったことは一度もない。前にここで買ったときもそうだったんだけど、覚えてないんだよね。

 オレは酒が好きだからこそ呑んでる。自分が楽しむために呑んでるのよ。誰かのためとか、ましてやお店のためでもなんでもない。自分が楽しめないようなこと言われてまで、コッチこそ買う気はありません。


 すぐさま店を後にしました。出る寸前まで謝り続けていたもう1人の店員さん(おそらくオヤジの母親)の姿が忘れられません。
 これからは、お気に入りのお客さんだけに対して商売してください。私はもう行きません。



 …あ~あ、またグチっちゃった。明日からはまともな「負け日記」更新しますぅ…。合掌。


平成14年3月27日(水) ウソつき

 昨日の日記で、『明日からはまともな「負け日記」更新しますぅ…』なんてヌカしちゃいましたが。
 …スイマセン、ウソついちゃいました。


 あ~っはっはっはっパチスロ絶好調ッ!


 友人から連絡があって、ヒサシブリに一緒にパチスロ打ちに行きまして。
 で、例の地獄の一丁目「ぱさげ2K」ってパチ屋で合流ってことになりまして。
 新台が何種類かあったんですがほとんど埋まっていたので、タコスロをつまみ食いしてて。
 友人が到着して、たまたま空いていた新台を打ち始めて。
 その新台がもう1台空いたので、タコスロあきらめて私もそっちに移動して。
 2万円ほどストレートでハマったけど、なんか予感があったので続けてみたらブチ吹きました…。

 その新台ってのが「MGB」(通称「ビッグマネー」)って台。ええと、説明書によると「BIGボーナス・レギュラーボーナスの連続性を追求する!」ってコンセプトの台らしいです。「あの頃のAタイプを再現」だそうです。つかあの頃っていつだよ
 はじめての台で、行き当たりばったりで座った台ですので、何の事前知識もありません。そんなわけで、先入観のない真っ白な状態から打ってみた感想を率直に述べさせて頂きますと全っ然おもしろくありませんでした

 先述の通り、まずしょっぱなから2万円ストレートのハマり。まぁンなコトはよくあるのですが泣いてもいいですか?、コイツの場合、その間ずっと、何の盛り上がりもないのです。
 台の上部に2桁の数字デジタルがついてて、時々もといごくたまに抽選でそれがルーレットするのですが、それだけ。同じ数字がそろったりすると、ボーナスや「コインがいっぱいいっぱい出るモード」へ突入するらしいですが、ただ数字が回るだけなので、その演出のダルいこと
 そんな状態で2万円分もハマったことを考えてみてください。個人差もあると思いますが…地獄でした

 何とかBIG引いたはいいが、そこからまたダルい時間の開始。2万円も突っ込んでるし、何よりこの台では期待高らしい「チェリー」を2回も引いていたので、高設定になってるのかなって期待とともにしばらく打ち続けておりました。

 すると…

 なんだか、ごくたまにしか回らなかったルーレットが頻繁に回るようになりだして、そして…「5」がそろったのです。どうやらコレ、「CA200」ってボーナスモードへ突入ってことらしいです。
 ゲームをしている自覚すら奪ってしまうようなダルい流れの中でのボーナスゲットですので、実はそのときも訳が分からずにゲームを消化しておりました。「CA200」とは、200枚コインを払い出すまでナビゲーションしてくれる機能だったらしいのですが…。
 そんなボーナスゲームも終わり、またダルい流れが…と思っていると、なんと連荘で、今度は「CA100」ってボーナスモードをGET。で、それが終わるとまた「CA100」GET。そしてその後また…

 そう、訳が分からないうちに、私、コインがいっぱいいっぱい出るモード」の大連チャンに突入していたらしいのです。約20連ほどしたようですが、ダルかったので数えてもおりません

 山を過ぎたところで終了し、約2000枚コインをGETしました。収支+2万円。確かに勝ったには勝ったのですが…なんだか自分で勝った気がしなかったです。

 てゆうか必然?

 もう勝つのが当たり前?勝負師として究極を極めてしまったって感じです。つかすでに神?
 「まける」って漢字がどういう字だったかそれすら思い出せませんねぇハッハッハ…あ、そこのキミ、爪のあか恵んでやろうか?



 さてと…え、一緒に行った友人はどうだったかって?
 …触れないでやってください。今日はカレに合掌。


平成14年3月28日(木) 厄日

 おかしいと思ったんだよ。
 オレがパチスロこんなに勝ち続けるなんて…。
 どっかでしっぺ返しがくると思ってたんだけど、まさかいきなり本日食らうとはなぁ…。

 財布の中には、先日までの勝ち分がまだ3万5000円ほど残っていて。
 いつもなら、こんなに余裕があるならソッコー勝負に行くんだけど、なんだかヤな予感がして。
 今日はおとなしく家に帰ろうとしたんだけど…。
 気が付いたら秋葉原でまたCPU買ってたんだよなぁ…。
 PenIIIの1GHzは1万6000円ぐらいだったから踏みとどまったんだけど、PenIII850MHz(SECC2)が中古で1万3000円ってのを発見しちゃったんで、つい…。いったいこれで何個目だ?

 まぁオレが欲しくて買ったんだからいいんだけど、これがキッカケで坂道を転がり落ちるように不運が…。

 で、家に帰ってビールあけたとたんに、自宅の電話が鳴って。
 これが会社からで、「客先でトラブルです」って電話で。
 客先にTEL入れると、どうもプログラムのミスらしくて。
 そこ、24時間稼働だから緊急対応しなければならなくなって、夜8時から会社に逆戻りを余儀なくされて

 出勤して、対応も無事すんで、さて帰ろうかとしたんだけど。
 実はちょっと前に、会社のセンパイから「パチスロダークフォース」攻撃を受けてウワァァァァッ…アッ…アッ…アッ…ッ………
 …気づいたら会社近くの「P駅」ってパチ屋で…。
 まぁ来ちまったモンはしょーがねぇ。センパイの隣で「大タコスロ2」打ち始めて。
 そしたら閉店までの1時間半、何も来ずのストレートはまり-2万5000円で。足りない分はセンパイから借りたりまでしたのに…。

 財布は軽く、心は重くなったところで、自宅にとっとと引きこもって。
 そしたら昨日の友人から電話があって。
 「いや~アラジンAのアラチャン捨てていったオヤジがいて、ハイエナで3800枚出しちゃいましたよハッハッハ…」
 コレがトドメ。


 …殺意って何ですか?合掌。