平成29年1月

12日【雑記】 正しい嘘
18日【スマホ】 中華なPower3

平成29年1月12日(木) 正しい嘘

 結婚した時、妹が出来た。

 そして今日、いなくなった。



 4年前。
 何気ないきっかけが、大変な検査結果をもたらした。

 何の前振りもなく、訊いてもいないのに、平気で「余命一年」と本人に宣告したキチガイ医師。こんな医師に任せておけない。すぐに転院をした。
 治療開始。キツく苦しい薬。ただ、その時点ではその旧式の薬しか頼るものがなかった。根治はできない。押さえるだけ。
 長い地獄。何クールだったか、強い薬を入れ続ける無間地獄。きしむ苦痛を、それでも妹は耐えた。
 吐き気で、食べ物なんて取れない。それでも、私が病院に持って行った手料理を、わずかながら食べてくれた。「美味しい」。気遣いか、そう言って笑ってくれた。


 少しだけ神がほほえんだ。
 新薬が発表された。

 苦痛の治療が終わり、ここしかないタイミングで認可された新薬。主治医はかなり努力してくれて、即座にその薬を使うことが出来た。
 果たして、新薬は劇的な効果をもたらした。
 「特効薬」と謳われただけの効果を、存分に発揮してくれた。遺伝子的にも効く体質だったのが何よりも救いだった。病変は、奇跡的にほとんど消えてしまった。
 回復し、日常生活に支障なく、活発に動き回れるようになった。仕事にも復帰し、嫁家族とも出かけられるまでに。
 安心した。一昔前では無理だった状況を、人類の英知が克服してくれた。よかった。



 安心しきっていた。



 体調の不安を訴え始めたのは去年の夏前。
 検査の結果、再発。
 薬は、効かなくなっていた。それが特性なのか、他に原因があったのかは分からない。

 安心していたところに青天の霹靂。そしてこの病魔は、恐ろしい速度で進行していった。
 食事が取れなくなった。
 動けなくなった。
 立つことすらままならなくなった。

 通院で、悪くなる一方の症状を診察される日々。自宅では布団から出られない日が続いた。
 それでも、新年は家族全員そろって迎えられた。
 新年。それまでよりなおいっそう具合が悪いように感じた。あまりにも良くない状態に、入院を勧めた。しかしすでに私の車に乗れるような状態ですらなくなっていた。どうしようもなく、救急車を呼んだ。

 すぐに入院となった。

 痛みを抑える点滴。少し落ち着いたようだった。
 取るもとらずの入院だったが、スマホだけ持っていたのは女性の性か。ただ、充電器がなかった。用意して、病床の横のテーブルにセットした。意識の薄い妹がうっすらと目を開け、絞り出すように言った「ありがとう、ごめんねお兄ちゃん…」
 私が聞いた、最後の妹の声だった。


 主治医はとても正直だった。それは「出来ることはすべてやる。ただ、この体調では出来ないことがある」という、至極まっとうな意見の裏返しだった。
 その主治医が、「もう、できる治療はありません」そう言ってくれた。
 そう言ってくれたから、家族の中で最も遠い私は、冷静に嘘をつくことが出来た。
 「家族があきらめてどうする!」
 「あの子は持ってる。だから大丈夫」
 「一時的に強い薬を使ってるけど、今を楽にするため。体調が戻ったら軽い薬に切り替えるはず」
 何の知識もない。根拠もない。素人が、とにかくそれっぽい嘘を並べた。並べることが出来たのは、現状を嘘偽りなく伝えてくれた主治医のおかげ。

 看護婦さんも献身的に看護をしてくれた。深夜早朝つきっきりだった嫁こそ、それを大変にありがたく思った。
 そんな時間を過ごしたからこそ。考える時間を与えてくれたからこそ。

 本日早朝、電話が鳴った。嫁だった。
 間に合うか…車を飛ばして嫁実家へ。着るものもそのままに、義父と義母を車に詰め込んできびすを返した。
 途中、嫁から連絡があった。
 とても、落ち着いた声で、「臨終」、その一言を伝えられた。
 間に合わなかった。でも姉がそばにいたから、安心はできただろうと思う。嫁も静かに受け入れることができたからこその、あの落ち着いた一言だったのだろう。



 人は必ず死にます。
 100年かからず私もそちらに行くでしょう。ちょっと待たせるけど、手料理持って行くんでカンベンしてくださいな。

 では、また。合掌。


平成29年1月18日(水) 中華なPower3

 中華スマホ買いました。
 「ウィルスがプリインストールされてる」という、技術屋からすりゃ何言ってンだコイツ?状態に直面し、やむを得ずroot化という裏手法で回避いたしました。これで名実ともに自己責任です。まぁ中華スマホ使ってる時点で(略)
 その後、root化の恩恵を無理矢理にでも感じるため、シャッター音消したりもしてみたのですが…普通に使えりゃそれでいい的な私の使い道ですし、root化って本当にする必要があったのかどうか。

 必要です。

 だって…
  システムアップデートごとにウィルス落ちてきますから。

 相変わらずシステム属性で落ちてくるので、そのままではいくら信頼と実績のセキュリティソフト「ESETスマートセキュリティ」でも削除できません。root化しなきゃ発売元からの脅威にさらされ続けるとか、何の冗談だコレ?


 皆様におかれましては“中華自己責任”を念頭に置いていただきたく。ご注意ください。合掌。